スポンサーリンク




改めて、靴を買った。知らないことがたくさんあった

先日の足のサイズについての記事

 

jassun.hateblo.jp

 

足に合う靴(特にパンプス)がなかなか見つからないので、改めて自分の足のサイズを測り直しました。

 

そして、お店でも測ってもらいました。

  

足長 右22.7cm 左23cm

足囲 22cm(着地)

幅 9.2cm

 

サイズ的には23cmのwidthDくらいとの事。

(ワイズはA・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEのサイズがあります)

左右のバランスは足長が3mm差があるくらい。

 

 

お店でいろいろと試着して選んだ靴がこちら

 

f:id:jassun:20171013210111j:plain

 

リーガルの23cm、EEサイズ(横にある金色の物体は靴べら)

 

 予算と仕事用で黒パンプス、ラウンドトゥが好みと伝えていろいろと試着したのですが、つま先が痛かったり、土踏まずがフィットしなかったり、隙間が空きすぎたり・・・

 

最終的に予算を若干上げて持ってきてもらったのがこのパンプス。

 

予算とサイズが折り合わずにちょっと妥協しました。

 

ワイズは実測よりは大きめのサイズにはなります。見た目的にはわからなくても少し隙間はある感じはしますが、今までの靴に比べたらそこそこ足にフィットします。

 

今回靴をいろいろと探して知ったことは、

 

  • サイズの合う靴は痛みはないが窮屈である
  • サイズの合う靴は靴べらがないと履けない
  • 足長が合っていても足囲が合っていないと靴の中で足が泳ぐ
  • 実測に1cmほどプラスしたサイズを選ぶ必要はない
  • 試着大事
  • ワイズの広過ぎる靴はハンマートゥや外反母趾の原因になる
  • 昔はEEが多かったが最近はEEEが増えている(特にオフィスパンプス)
  • 幅の狭い靴は値段が高い(今回は仕事用で予算を抑えたのであまり種類がなかった)

 

 目から鱗だったのは、足にフィットする靴は多少窮屈に感じるということ。

窮屈だけれども痛みがないというのがポイントです。

履いてしばらくすると足に馴染み吸い付いてくる感じで気にならなくなりますが、幅の狭い靴を履き慣れていないとものすごく窮屈に感じます。

 

そして、窮屈に感じるくらいです。当たり前ですが靴べらがないと履けません。

 

靴べらというと男の人が革靴を履くときに使用するイメージしかなかったので、本当にこれは目から鱗です。

 

 

あと、靴のサイズを調べていると実測の0.5〜1cm大きいサイズを選ぶように書いているサイトがほとんどですが、実測と靴のサイズは基本的に同じで問題ないと思います。実測と同じサイズを選んでもつま先に1cmくらいの隙間ができます。

 

 

毎日履く靴ですが、こういうことを知らずに履いている人の方が多いのではないでしょうか。街中を観察していると、靴と足の間に隙間が空いてカポカポしている人の方が多いですしね。

 

さて、サイズ以外の靴を選ぶ際のチェックポイントについてですが、チェックするポイントは

 

  • 甲の部分(履き口)に隙間がない
  • 踵に隙間がない(つま先立ちをして脱げない)
  • つま先に1cmくらいの余裕がある
  • 足の横(靴のフチ)に隙間がない
  • 土踏まずがフィットしている
  • 靴と足の一番広い部分が同じ位置にある
  • 指先を動かせる余裕がある

 

 この中の一つでも欠けるととても歩きづらい靴となります。

 

靴のサイズが合わなかったり、合っていると思うけれど靴擦れしたり、タコやマメができやすかったりする場合は、お店でサイズを測ってもらうことをおすすめします。百貨店レベルのお店で測定してもらうのが良いと思います(幅の狭い人向けとしてサイズ展開の問題で)

 

 

 今回、完璧というわけではないですが、サイズを測ってもらって選んだ靴は足に安定感があり歩きやすいです。

 

サイズがなくて若干妥協したので多少の余裕がありますが、今までの靴に比べるとものすごく幅が細くてぴっちりしてます。最初はかなり窮屈に感じたパンプスですが、靴擦れもしませんし、ストッキングのつま先もずれません。

 

次は測ってもらったサイズの靴を探してみたいと思います。

 

Dサイズを置いているお店を探さなければ・・・!

 

足に合った靴探しはまだまだ続く。

 

 

 

 

 

片付けるならアイデアを発揮しない

物を片付ける際に、無駄にアイデアを閃かせないことは肝心です。

 

空箱とかですね。

 

他のことに使えるはず、そのうちこういう時に使うはず、こうすれば再利用できるはず・・・だから取っておく。

 

こういう発想が真っ先にくる間は部屋は絶対に片付きませんし、物も減りません。

 

空箱は空箱です。

 

 

羨ましいと思うと物が増える

他人を見て羨ましいと思う。

 

あの人が着ている服が素敵。

 

あの人が持っているものが素敵。

 

あの人の暮らしぶりが素敵。

 

羨ましい、憧れる、私も真似したい。

 

その考え自体が悪いわけではありませんが、同じものに手を出す前に考える時間が必要だと思います。

 

それは本当に自分の生活に必要なものですか?

 

 

足のサイズを改めて測ってみた

リピートしていたパンプスの再販がなかなか始まらないので、新しいパンプスを探すために、改めて自分の足のサイズを測ってみました。

 

足のサイズを測る場合、誰もが測るのが足長。足の長さです。

 

私の場合は、左23cm、右22.8cmで、靴のサイズはだいたい24cm/Lを履きます。

 

ただ、最近はパンプスのワイズ(足囲)サイズも豊富で、このサイズを間違うと足長のサイズが合っていても足に全くフィットしません。

 

日本人の足囲サイズはEとかEEとか言われていますが、最近はパンプス売り場に行くとEEEとかEEEEサイズの方が豊富だったりします。

 

そういえば、自分の足囲サイズって知らないな・・・あんまり意識したこと無いな・・・外反母趾で内反小趾だし幅が広いはず・・・とずっと思っていました。

 

足囲の測り方は色々あるんですが、参考にしたのはこのサイトサイズ・ワイズ表

 

まず、着地してる時のサイズは・・・

 

22cm

 

浮かせた状態では・・・

 

21cm

 

(;゚Д゚)

(゚Д゚;)

(;つД⊂)ゴシゴシ


(゚Д゚)え?

 

日本人の平均とか言われているサイズより幅が狭い・・・。

 

靴の幅が自分の足のサイズよりも広いと何が不都合かと言うと、足が前に滑って靴の中で足が固定されずに靴擦れの原因になるのです。靴の中で足が泳いで上手く歩けません。

 

よくよく思い返してみると、アメリカに住んでいた時はスニーカーを探すのもパンプスを探すのも、歩きやすい靴を見つけるのに今ほどあまり苦労していなかったのです。欧米の基準足囲は日本の基準足囲よりも幅が狭いためだったというのにも今更気づきました。

 

気に入ってリピートしていたパンプスも、足に合っていたというよりも「最初は足が痛いけれども履いている内に履きやすくなる」から履いていたのです。

 

これまた思い返してみると、最後に、履いた瞬間に「お、ぴったり」と感じたパンプスはアメリカのブランドの物。ヒールは7cmくらいあったのですが、靴擦れも全くなくて走れるくらい足にぴったりでした。

 

リピートしていたパンプスの再販がなくなって、改めて足のサイズを測って今更ながらに色々と気付く・・・。

 

足にフィットするパンプスを探す旅は続く。

 

 

似合う靴の法則でもっと美人になっちゃった!

似合う靴の法則でもっと美人になっちゃった!

 

 

 

季節が変わる時、持ち物見直しの時

季節が変わる時は持ち物の見直しをするのに最適です。

 

特に衣類系ですね。

 

・維持する物

 

・処分する物

 

・保留する物

 

上記の三つに分けると、片付けも捗ると思います。

 

今年着たもので来年も着るものはとっておき、去年も今年も着なかったものは処分、今年は着なかったけど来年は着るかもしれないものは保留・・・など、分類して片付けます。

 

片付けが終わったら、次の季節の衣類の確認ですね。

 

傷みが無いか、着る前に洗濯やクリーニングをし直さないといけないのか、買い替えや買い足しは必要無いかなど。

 

衣替えの時期までには確認を終わらせたいですね。