読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



   スポンサーリンク




思考: やりたいこと・行きたい場所のリストを作る

思考

いろんなことに追われて時間がいくらあっても足りない・・・そういうことはありませんか?

 

そういう時にオススメなのが、やりたいこと・いきたい場所のリストを作ることです。

 

時間が足りないということは、頭の整理ができておらず、物事の段取りを組めていないからです。

 

有名なのは100個リストを作りましょう、というやつです。

 

100個にこだわらなくても、気になることをリストアップしていきます。

 

日常的な部屋の掃除をするなどの些細なことから、すぐに行けるかどうかわからない海外旅行まで色々と気にせずに書いていきます。

 

リストを作っていくことで、頭の中を整理することができます。

 

やりたいこと、行きたい場所を書いているうちに、どれを優先的にした方が良いのかが分かりやすく見えてきます。

 

書いたリストはそのまま書き終わって放置せず、毎日スケジュールとともに見直します。

 

見直して、スケジュールにすぐに組み込めるならば組み込み、新しいことを思いついたら書き足していきます。

 

 

jassun.hateblo.jp

 

 

お手入れ: 靴底を見てみる

お手入れ

毎日使うもの、靴。

 

たまには、靴底を観察してみる。

 

靴底の減り方は?

 

きちんと歩けている場合は、ほぼ均等に磨り減っている。すり減り方が遅い。

 

歩き方がおかしいと、不均等に磨り減っている。靴の傷みが早い。

 

内側だけが磨り減っていたり、外側だけが磨り減っていたり、かかとの減り方が異様に早かったり。

 

靴底の減り方を観察して、自分の歩き方と姿勢を見直してみる。

 

正しい姿勢できちんと歩けば、疲れにくい。

 

 

ファッション: ミニマリストは私服の制服化をする必要があるのか

ファッション

ミニマリストの定番、私服の制服化を改めて考えてみる。

 

私服の制服化とは、服装を決まったパターンのみにし、それ以外の服装パターンは基本的に取り入れません。

 

なぜミニマリストは服装のパターンを決めるのでしょうか?

 

ミニマリストだから、私服の制服化をするのではありません。自分のストレスになることを排除していった結果が、私服の制服化です。

 

ミニマリストだから私服を制服化するものだと思っている人は、もう一度考えてみてください。

 

ミニマリストになりたいから私服を制服化するのか

 

それとも

 

服を沢山持ち毎朝服装を考えることがストレスになるから私服を制服化するのか

 

私服を制服化するにしても、どちらが理由なのかで意味が変わってくると思います。

 

 

思考: 〜であるべき、と思う時は立ち止まってみる

思考

〜であるべき、〜しなければならない

 

そう思ってしまう時は、一度立ち止まってから当たりを見渡してみる。

 

こうあるべきである、と考えてしまっている時は、自分自身を追い詰めている時。

 

一度立ち止まって、周りを見回してみる。

 

〜であるべき、と思わなければいけないことなのかどうかを考えてみる。

 

意外と、そうやって思い込んでいるのは自分だけだったりすることも多い。

 

 

ブログ: メモを書く習慣をつける

ブログ

メモを書く習慣をつける。

 

思いついたことはすべて書き留める。

 

思いついたそのままにしていると、忘れてしまうから。

 

ブログのネタだって、思いついてすぐに書き留めておかないと、後で思い出せないこともある。

 

それでも、本当に書きたいネタだったら後で思い出す。

 

思い出すけれど、しばらく思い出しては忘れるという堂々巡りを無駄にすることになるので、やっぱりメモを書く習慣をつけるのが良い。

 

思いついたことを書き出すという行為は、頭の中を整理するためにもとても便利なのでおすすめ。

 

 

ミドリ MDノート<文庫> 方眼罫

ミドリ MDノート<文庫> 方眼罫