読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



   スポンサーリンク




思考: 禅を知ると人生どうでもよくなる

思考

昔は、自分がダメ過ぎて死にたくなることが、消えてしまいたいことが多くありました。

 

自分の存在価値を求めていました。自分はなぜ存在しているんだろうか、なんのために存在しているのだろうか・・・そんなことばかり考えていました。

 

不要品を処分して、部屋を綺麗に片付けて、気持ちがすっきりしてきても、その考えがなかなか抜けませんでした。

 

自分の存在とは?

 

ある時、禅を知りました。

 

禅という言葉自体は知っていましたが、完全に宗教としてしか認識していませんでした。でも、実際に内容に触れてみると、宗教というよりも人生についてでした。

 

自分の存在価値がどうでもよくなりました。

 

自分は自分なんです。良い部分も悪い部分も自分なんです。他人にどう評価されようと、自分という存在以外の何者でもないんです。他人が評価するのは自分の一部なんですよね。

 

改めて考えると、自分の存在価値を求めるって他人からの良い評価を求めるってことなんです。

 

評価なんて良いものも悪いものもあるのだから、気にしていたらキリが無いです。

 

もう本当にどうでもいいことです。

 

自分はここに存在しているから存在しているんです。それ以上でもそれ以下でもないんです。

 

 

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture