読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



   スポンサーリンク




湯シャン: 湯シャンをやる上で知っておくと便利なこと

ミニマリストを目指す多くの人たちが興味を持つ、湯シャン。

 

今回は湯シャンをやる上で知っておくと便利なことについて書きたいと思います。

 

私の湯シャンの体験談はここをクリック

 

 

ブラッシングを侮るべからず

髪を洗う前に超大事なことがブラッシングです。

ヘアブラシや櫛は元々髪の汚れを落とすための道具でした。

原点に帰りましょう。

湯シャンを実践するならば、ブラシや櫛が大活躍です。

 

ただ、髪がツルツルになることと引き換えに、ブラシや櫛が激しく汚れます。 

 

すすぎに時間を掛けるべし

普通にシャンプーをする場合は、ちゃちゃっと済ませることが出来ていたすすぎですが、湯シャンの場合はすすぎがメインなので、丁寧に丁寧にすすぎます。

 

シャンプーをする時のようにゴシゴシと擦らず、頭皮をもみ込むように洗い流します。

 

湯シャン初級者には、洗い流す時に綿の手袋や櫛などのアイテムの手を借りるとやりやすいです。

 

 挫折しやすい2ヶ月目

湯シャンを始めたばかりの時は、調子が良いのでこのままいけるだろう、と錯覚します。

ところがどっこい、ひと月も終わる頃には髪の状態が不調になり、2ヶ月から3ヶ月にかけて絶不調に陥ります。

湯シャンに挫折する人は、大体この期間までに挫折します。

3ヶ月目を過ぎると状態が安定してきます。

 

無理をしないのが一番である

完全に湯シャンに移行した場合、状態が安定するのに6ヶ月〜12ヶ月掛かります(個人差あり)

 湯シャンに移行するのには時間が掛かるので、無理をしないのが一番です。

 

湯シャンに興味のある人は、シャンプーを使用する回数を減らすことから始めてみたらいいと思います。

 

 

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー L (サラサラタイプ) 500ml

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー L (サラサラタイプ) 500ml

 

 

ヘアケアブラシL SEN-705 R

ヘアケアブラシL SEN-705 R

 

 

つげ櫛 解櫛4寸 国産さつまつげ ケース付 (黒)

つげ櫛 解櫛4寸 国産さつまつげ ケース付 (黒)