スポンサーリンク




足のサイズを改めて測ってみた

リピートしていたパンプスの再販がなかなか始まらないので、新しいパンプスを探すために、改めて自分の足のサイズを測ってみました。

 

足のサイズを測る場合、誰もが測るのが足長。足の長さです。

 

私の場合は、左23cm、右22.8cmで、靴のサイズはだいたい24cm/Lを履きます。

 

ただ、最近はパンプスのワイズ(足囲)サイズも豊富で、このサイズを間違うと足長のサイズが合っていても足に全くフィットしません。

 

日本人の足囲サイズはEとかEEとか言われていますが、最近はパンプス売り場に行くとEEEとかEEEEサイズの方が豊富だったりします。

 

そういえば、自分の足囲サイズって知らないな・・・あんまり意識したこと無いな・・・外反母趾で内反小趾だし幅が広いはず・・・とずっと思っていました。

 

足囲の測り方は色々あるんですが、参考にしたのはこのサイトサイズ・ワイズ表

 

まず、着地してる時のサイズは・・・

 

22cm

 

浮かせた状態では・・・

 

21cm

 

(;゚Д゚)

(゚Д゚;)

(;つД⊂)ゴシゴシ


(゚Д゚)え?

 

日本人の平均とか言われているサイズより幅が狭い・・・。

 

靴の幅が自分の足のサイズよりも広いと何が不都合かと言うと、足が前に滑って靴の中で足が固定されずに靴擦れの原因になるのです。靴の中で足が泳いで上手く歩けません。

 

よくよく思い返してみると、アメリカに住んでいた時はスニーカーを探すのもパンプスを探すのも、歩きやすい靴を見つけるのに今ほどあまり苦労していなかったのです。欧米の基準足囲は日本の基準足囲よりも幅が狭いためだったというのにも今更気づきました。

 

気に入ってリピートしていたパンプスも、足に合っていたというよりも「最初は足が痛いけれども履いている内に履きやすくなる」から履いていたのです。

 

これまた思い返してみると、最後に、履いた瞬間に「お、ぴったり」と感じたパンプスはアメリカのブランドの物。ヒールは7cmくらいあったのですが、靴擦れも全くなくて走れるくらい足にぴったりでした。

 

リピートしていたパンプスの再販がなくなって、改めて足のサイズを測って今更ながらに色々と気付く・・・。

 

足にフィットするパンプスを探す旅は続く。

 

 

似合う靴の法則でもっと美人になっちゃった!

似合う靴の法則でもっと美人になっちゃった!