スポンサーリンク




肌断食で多くの人が勘違いしていること

湯シャンと並び、何もしないケアで「肌断食」があります。

 

みんな知っている何も塗らないケアです。

 

基礎化粧品を含む化粧品を使わないケア。

 

ただ、肌断食で重要なことは何かに気づかずに実践している人が多い印象を受けます。

 

 

肌断食とは何か

肌のトラブルは化粧品によって引き起こされる炎症が発端となっていることが多いので、炎症が起きないようにすれば肌は綺麗になるというもの。

 

よく例えで出されるのは毛穴。毛穴が目立つ原因は、毛穴の周りに炎症が起きるためといわれる。

 

 

肌断食で重要なのは、肌に何も塗らないことではありません。

 

肌断食では、肌に炎症が起きる原因は何かを知ることが一番重要です。

 

ただやみくもに肌に何も塗らないのがいいと、それだけで実践すると絶対に挫折します。

 

肌のどこのダメージが大きく、どういう化粧品(洗顔料含む)を使うとどういう症状がでるのか、その化粧品は必ず使う必要があるものなのかなどを観察する必要があります。

 

みんなが当たり前のように使っている化粧品ですが、化粧品は肌のトラブルがある時は使用しないように注意書きがあります。

 

注意書きがあるにもかかわらず、肌にトラブルがあっても使い続けている人たちが多い。

 

そこを考え直すのが肌断食です。

 

ただ何も塗らない肌ケアなどと甘い考えを持っていると絶対に挫折します。

 

  

「何もつけない」美肌術

「何もつけない」美肌術

 

 

肌断食系の本はたくさん出ていますが、ぶっちゃけ、 化粧品を使っていても肌トラブルがない人は肌断食を無理にする必要はないと思うのですよ。